2012年01月03日

新横浜駅は、帰省客と横浜アリーナのお客さんで大混雑!

帰省ラッシュのピークを迎えた1月3日。ここ、新横浜駅では関西方面からの帰省客と横浜アリーナのライブ終了後のお客さんが改札口付近に立ち並び、ご覧のように大混雑。明日からは、通勤客による夕の混雑が始まる普通の平日になり、2012年が1日、1日と日を重ねていきます。横浜線と新幹線・市営地下鉄しかない現在の新横浜、数年後から十年後には相鉄・東急連絡線が乗り入れ、横浜や渋谷に一直線になり便利になっていくのが待ち遠しい2012年お正月です。

P1250320.JPG

P1250321.JPG

P1250322.JPG

P1250323.JPG
posted by kawawadai at 22:11| 神奈川 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 新横浜方面 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
重たい荷物を持って出張や帰省される方、コンサオート行き帰り、お子さまをお連れの方などは、地下鉄ブルーラインを利用されるのがいいかもしれませんね。ブルーラインはバリアフリー、ホームドア、車内の広さなどで優れてますね。

品川、東京方面なら東海道新幹線を使って移動しちゃった方が時間節約、快適ですかね。大人が時折使う程度ならそんなに負担でもないでしょうし。
Posted by at 2012年01月04日 20:49
普段、グリーンラインに乗っていてたまにブルーラインに乗るとこれが同じ市営地下鉄の車両かと思うくらい広々していますね。

確かに新幹線で東京へ行くのは便利ですね。もう少し早い時間(6時30分頃)から新幹線の上りがあるといいのですが。。。
Posted by kawawadai at 2012年01月04日 23:02
新横浜南口再開発と同期したJR横浜線のホーム2島化とかどうなんでしょう。これから相鉄・東急連絡線も建設されますから、各社線の連絡乗り換え口を各ホーム突端につけて乗降客通路の分散化を考えてもいいと思いますね。

そういうことは地元政治家がもっと研究して提案したり研究会を設けるといったことに期待したいものですね。横浜市ももっと積極性をもってもいいですよね。
Posted by at 2012年01月05日 00:10
相鉄・東急連絡線は、完全な地下ホームですからJR横浜線の改良までは難しいでしょう。南口はなおさら地権者とのからみがあり、なかなか進みそうにないのが現状ではないでしょうか。

今の政治家に推進力を期待しても。。。。といったところではないでしょうか。
Posted by kawawadai at 2012年01月05日 23:27
新横浜駅は相鉄・東急連絡線により総合的な発展と横浜市北部経済の中心地として発展の牽引力になっていただきたいと思います。

出入口が一極集中している現状が通勤通学や旅行者の負荷が多くなることは解消してほしいと思います。各社線の直接連絡通路建設による分散化は防災や歩行弱者への最大限の配慮となるのではないでしょうか。

さらなる一つは横浜線プラットホームの二面化による人の流れの緩和であり、ホームドアの設置などではないでしょうか。根岸線直通の増便で横浜中心部と新横浜、または新横浜〜町田といった乗車負荷の高い区間の増便を将来構想にしてもいいでしょうね。

いまの横浜市民や法人は実際に多額の納税を国や県にし、国や県税収の大きな支えとなっているにもかかわらず,求められている都市整備はなかなか進展しておりません。地方農村への交付税に落とされて、横浜市内への還元率が低いのでは。大都市制度が求められるのは、実際に大きな納税を行うにもかかわらず、地元への還元が少ないことなのでは。
Posted by at 2012年01月06日 21:52
南口の再開発とJR東日本のタイアップで新横浜における横浜線の利便性向上をいかに図るか、JR東日本の本気度にかかっている気がします。しかしながら、現時点では、新横浜はJR東海の植民地のような状態で、JR東日本はしかたなく窓口を篠原口に置いている状態です。

横浜アリーナや日産スタジアムの最寄り駅であることからも、横浜線の新横浜を本気で改良してもらいたいものです。
Posted by kawawadai at 2012年01月06日 23:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック