2010年07月23日

仙台の地下鉄は平成24年度開通を目指して建設中。

グリーンラインが平成20年に開業してから,さっぱり地下鉄延伸や新たな建設の話がなくなってしまった横浜市。運輸審議会の答申では,2015年を目処にブルーラインのあざみ野から新百合ヶ丘への延伸,横浜環状線の完成(日吉⇒鶴見,中山⇒鶴ヶ峰⇒東戸塚⇒磯子方面)が言われていましたが,22年度予算にはその面影もなく,葬り去られたような状態です。東京からの落下傘のような市長さんには,横浜の現状がわからないのかもしれません。どうするのかのメッセージもないのが残念です。仙台では,仙台駅から東北大学⇒八木山動物園へ,またIC方面へと便利な路線になるようです。横浜でも是非,ズーラシアや二俣川の免許書き換えに地下鉄で行きたいものです。

<仙台駅前で進む地下鉄「東西線」建設工事>
P1160403.JPG

P1160404.JPG
posted by kawawadai at 00:26| 神奈川 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 港北ニュータウン事業全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この10年市営地下鉄は構造改革をおこなってきて、グリーンラインは利用者急増中、ブルーラインもグリーンラインへ転換した乗客を除けば純増。市営地下鉄としては黒字なのに。。横浜市全体としては地方都市としてはかなり財源が恵まれているはずなのに、公共交通に至っては、どんどん消極的になって、ほとんど政策としてとりあげなくなりましたね。このままですと、どんどん内向き市政となって、成長戦略がないまま、地下鉄も道路も整備が遅れるのではないかと、心配する人は少なくないかと。。。
Posted by う〜ん。。。 at 2010年07月25日 01:31
ブルーラインの新百合ヶ丘延伸は、川崎北部から多摩一帯にかけての消費者や通勤客を港北ニュータウン、新横浜、横浜駅、みなとみらい方面へ取り込むことで大きな経済効果やアクセス拡充が見込めますね。

グリーンラインの二俣川、東戸塚、上大岡、磯子への環状整備は旭区、戸塚、港南区のバスや車利用者の鉄道転換で道路渋滞を緩和できますし、ズーラシアやにはじめてしっかりしたアクセス路が確保できたり、二俣川試験場や県立がんセンターへの移動が容易になるなど、大きなメリットがありますね。なにより、港北ニュータウン、二俣川、上大岡といった横浜の副都心拠点が結ばれることで、はじめて相互の移動経路ができて、あたらしい移動動態が交流が生まれ、バラバラだった横浜市内一体化という大きな目標が達成されることになります。

やはり横浜を引っ張るトップがこういった大局観を肌で感じるようでないと、横浜の都市計画はおなざりになってしまうのではないでしょうかね。
Posted by 地下鉄 at 2010年07月25日 01:52
今までは,遅れながらも3号線開通のあとは,4号線と途切れない形で計画や建設がされてきましたが,ほんと,この2,3年の横浜市の計画には,中期計画も含めて,地下鉄の1行もありません。人口が伸び盛りの今,横浜市職員の人件費などの固定費増ばかりでなく,インフラの整備に力を注いでほしいものです。環状線も必ず横浜市の将来における大動脈となると思うのですが。。。
東京・大阪にはJRの環状線が,名古屋には地下鉄の環状線があるなか,横浜には環状線計画すら立ち切れというのは悲しいものです。
環状線といっても,リニアのため完全な環状運転は鶴見・中華街間では無理ですが。
Posted by kawawadai at 2010年07月25日 22:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック